ペット大国アメリカは犬猫にも大変な法律が満載

ホントにほんと?!世界のおもしろ法律

動物の法律犬猫編

動物の法律 犬猫編

日本と同様にペット大国でもあるアメリカ。当然特に人気の犬や猫に関する法律もたくさんあります。ただ、読んでいると飼い方に問題があるのではないかと思ってしまうようなとんでもない法律もたくさん。こんな法律の中で犬を育てるとどんな風に育つのでしょうか。

犬に教育を施してはいけない (コネチカット州)
教育すると何が起こるというの?
犬に刺青をする時は、警察に届出しなければいけない (コネチカット州)
刺青の前にすることがあるんじゃない?教育とか。
18時以降に犬を吠えさせてはいけない (アーカンソー州)
コネチカットで育てた犬↑はアーカンソーには連れて行かないように。
犬猫は許可なしに交尾禁止 (カリフォルニア州)
野良も?
猫が犬を電柱に追い詰めるのは禁止です (ミネソタ州)
犬、弱っ!
警察官が犬を静かにさせる場合、犬に噛み付いてもよい (オハイオ州)
え~・・・
犬は理髪店、ビューティーサロンで昼寝をしてはならない。 (ミネソタ州)
何があったというの。
また、犬、馬そしてすべての動物はベーカリー店では昼寝をしてはならない。 (ミネソタ州)
連れていくのはいいんだ・・・